tweetツイートする

ジリアン・アンダーソンの降板するという脅しにX-Filesの産みの親が回答

カテゴリー: GA

The X-Files creator responds to Gillian Anderson’s threat to quit
Entertainment Weekly

JAMES HIBBERD
January 03, 2018 AT 03:32 PM EST

20180104-01.jpg
Robert Falconer/FOX


ベテランSF作品をやり終えたと語る俳優のジリアン・アンダーソンに、X-Filesの産みの親であるクリス・カーターが回答している。

FOXチャンネルで水曜の夜にプレミア放送されるX-Filesについて、Season11以降はダナ・スカリー役を降板計画だとアンダーソンは以前に述べている。

RedditのAMA(Ask Me Anything)でカーターはファンに向けてこう語った。
CC「僕にとって、X-Filesはいつもモルダーとスカリーそのものだよ。だから彼女無しで作品を作るっていうアイデアは、僕は考えたことさえないね」


"アンダーソンの役柄に「ちゃんとしたさよなら」は用意されているのか?"というファンの質問に、今シーズンの最終話がアンダーソンのハッキリしない今後の参加に対する回答だとクリスは即答を避けた。
「腰を落ち着けて、シーズンフィナーレを注意深く見たほうがいいと思うよ」とも念押ししている。


TVシリーズ中、パートナーであるフォックス・モルダー(デヴィッド・ドゥカヴニー)が机を一台持っているのに、スカリーが自分のデスクを持てていない嘆きをファンがカーターに伝えた。
「それがmisogyny(女性蔑視、女嫌い)と言われることに腹を立ててる。意図してなかろうがそうだろうが……もしジリアンがカムバックするなら、スカリーは机を持つ予定だよ」と彼が返答。

以前、シーズンフィナーレはショッキングなものになるかも、とカーターがEWに語った。
「何事も、フィナーレでしばしば犠牲になるものだよ。僕にとってはそれこそが面白いことなんだ。最終話には皆の注意を引くようなvertical corner(直訳で垂直の曲がり角、急転直下の展開という意味かな?)」


であれば、――何であれ――アンダーソンが戻ってこないフィナーレを考慮することになるようだ……同時に、アンダーソンがカムバックすることもできるが。


全体として、今年のシーズンは大きなミソロジーの大改革があることをカーターはファンに伝えた。
「一つ一つの複雑さは徐々に不鮮明になって、僕たちは全て論理的にしよう、X-Files的に信じられるようにしようって念頭に置いて苦労したんだけど、君たちは多分あら捜しをすると思うよ」と彼は言う。
「Season11のミソロジーはTVシリーズ中のミソロジーから続いているけど、90度の大きな方向転換をしてるんだ」


新作エピソード10話終了後に、アンダーソンが伝説のキャラクターへ復帰しないかもしれないが、この作品について絶対とは言えないだろう。
X-Filesが何度も始動しては終了していることはよく知られているし、25年にわたってテレビ放送やその他の媒体で顕現したりしなかったり、常に何とか新たな生命を見つけ出そうとしているようです――2年前の新作は最高視聴率を叩き出したドラマの一つでもあります。
スポンサーサイト
Thu 2018 | trackback(0) | コメント(-)
http://cappuccinotime.blog32.fc2.com/tb.php/770-0e71797b