tweetツイートする

あなたは何を崇拝する?「アメリカン・ゴッズ」は既に私達の事を分かりすぎるほど分かっている

カテゴリー: GA - アメリカン・ゴッズ

What do you worship? 'American Gods' already knows us way too well
Mashable


BY LAURA PRUDOM

20170329-01.jpeg
IMAGE: © 2017 STARZ ENTERTAINMENT, LLC


「アメリカン・ゴッズ」の世界では、信仰は力だ。

ニール・ゲイマンのベストセラー小説を元にしたStarzチャンネルの新作では、古の神々と新たな神々の間に戦争が起ころうとしており、そこに1人の前科者、シャドウ・ムーン(Ricky Whittle)が巻き込まれる話だ。

世界中の神話に根ざした伝統的な古の神々は、信者が次々と減っている事や、あるいは目にも眩い新たな神々――メディア(ジリアン・アンダーソン)、テクニカル・ボーイ(ブルース・ラングリー)と言った、私達が取り憑かれているテクノロジー、セレブリティ、お金、そしてポップカルチャーなどを象徴する存在に魅入られているという状況を恐れている。

「アメリカン・ゴッズ」の世界によると、あなたがスマホや、あるいはホラ、好きな本のドラマ化(「ハンニバル」のブライアン・フラーや「ローガン」お脚本を勤めたマイケル・グリーンの総指揮によって制作された作品なども該当するかもしれない)に執着しているのであれば、上述の存在に力を与え、新しい神々をますます強くさせている。
神聖な古の神々が弱体化し、忘れ去られていく一方で、新しい神々は私達の関心を糧にしているのだ。


※アメリカン・ゴッズはブライアン・フラーとマイケル・グリーンのタッグで制作されてます


おそらく、4月30日にプレミア放送となるこの新シリーズの特性を総括する完璧な方法は、TechTuesdayに合わせたStarzチャンネルの宣伝キャンペーン――アメリカ美術の傑作アートにPC技術を用いたひねりを利かせ、この21世紀のガジェットを描写している――の中にある。

Mashableは3枚の画像を独占でプレビュー。グラント・ウッドの「アメリカン・ゴシック」、エドワード・ホッパーの「ナイトホークス」、ノーマン・ロックウェルの「Cousin Reginald Plays Tickly Bender」を基にしている。

ちょっとリアルすぎるが、だがそれが完璧と言っていいものにしている。

20170329-02.png
IMAGE: STARZ

20170329-03.png
IMAGE: STARZ

20170329-04.png
IMAGE: STARZ








スポンサーサイト
Thu 2017 | trackback(0) | コメント(-)
http://cappuccinotime.blog32.fc2.com/tb.php/702-ad05b0f9