tweetツイートする

The Women's Marchに参加したジリアン、プラカードのスカリーとステラまとめ(DDもちょろっと)

カテゴリー: GA



声を上げましょう!1月21日、ロンドンでのThe Women's Marchにご参加ください。


The Women's Marchとは?

Women's March on Washington - Wikipedia
>The Women's March ワシントンDCは、2017年1月21日にワシントンDCで行われた政治集会。
女性の権利、移民制度の改革、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア)の権利を訴え、また、人種間の不平等、労働者問題、環境問題に取り組む事が目的。
同様の運動が世界各地で行われた。
行進は草の根運動として組織化されており、ドナルド・J・トランプ大統領就任式の翌日に行われた。



ワシントンDCで行われる他、ロンドンを始め多くの場所で行進が行われました。
ジリアンが参加したロンドンのウェブサイト↓
https://www.womensmarchlondon.com/

The Women's March on ロンドンのFAQ↓

https://www.womensmarchlondon.com/update-faq/


1. The Women's March on ロンドンは反トランプ集会なのでしょうか?どうして他の国の大統領に反対する行進に出なければいけないのでしょうか?

【回答】正確には、The Women's March on ロンドンは反トランプ集会ではありません。ドナルド・トランプ氏の選挙は間違いなく、女性達を草の根レベルで集結させ、The Women's Marchの構想のきっかけになりましたが、The Women's Marchは、このたび攻撃の的となった人権、平等、尊厳、安全、健康という基本的価値観を保護し、訴える事が目的です。
私たちは、これらの権利を保護・擁護し、反対の表明に参加する事に関心のある方を歓迎いたします。


2.なぜ1月21日に行進を行うのですか?

【回答】米国に住む人々と、同様に人権が侵害されている世界中の人々との結束を図るため、この日付―ワールドアクションデー―に行進を行います。
人権の損失は、世界的な対策を求められている全世界の課題です。
基本的人権が問われるのであれば、我々は行動を起こし保護しなければならないと考えています。これこそが、この行進を行う目的なのです。


★ジリアンがThe Women's March on Londonに参加




手前の女性がツイート主のEmma Kennedy(英国の女優、作家、テレビ司会者等々)さん、その奥がジリアンの娘のパイパーちゃん、右手にジリアン、後ろの男性は動物の権利活動家のDan Mathewsさんと言うそうです。

















★ジリアンの自撮り








★DDもThe Women's Marchについてツイート





★スカリーとステラがプラカードになる



「平等はそこにある」



「ステラならどうする?」




Emma Kennedyさん、今日のツイートで素敵なプラカードいくつか見つけました。気に入ると思います!

今ジリアンにメールしたわ



ジリアン、気に入ったって



眉毛使いすぎて疲れた














★バフィーも参戦




★レイア姫も参戦





★個人的にヒットしたツイート


「私がトランプタワーを建設した女性やで」
カコイイ……




南極でも反トランプ行進




「この子は分かってる」




後ろの巨大ヘッドが気になるww
スポンサーサイト
Sun 2017 | trackback(0) | コメント(-)
http://cappuccinotime.blog32.fc2.com/tb.php/694-43b2cd24