FC2ブログ
tweetツイートする

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)
tweetツイートする

X-Filesの最後の予告編は、真実がまだそこにあることを約束してくれる

カテゴリー: X-Filesリバイバル

Final trailer for The X-Files promises that the truth is still out there
JoBlo.com

14 hours agoby
Kevin Fraser

20160119-01.jpg


X-Filesのカムバックまで一週間を切った。フォックス・モルダーがX-Filesのオフィスにここ数年で初めて足を踏み入れるまで一週間を切り、ダナ・スカリーが未知のものに見入ってトレードマークである「Oh My God」を炸裂させるまで一週間を切り、異星人、モンスター、そして超常現象まで一週間を切った。
今のところ第一話に対するパッとしない批評を除いて、クリス・カーターが6編のエピソードに何を用意して待ち構えているのか、私はかなりワクテカ状態である。

まだX-Filesの雰囲気に浸りきれてなければ、FOXがその気分を改善させるような最新の予告動画を公開しております。

スポンサーサイト
Tue 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソン、「モルダーとスカリーは愛し合っている」

カテゴリー: X-Filesリバイバル

Gillian Anderson: Mulder and Scully are in love
New York Post


By Elisabeth Vincentelli
January 15, 2016 | 5:15am


20160116-02.jpg
Photo: Ed Araquel/FOX


X-Filesが1月24日に復活する際、ド派手な復帰作の一つだと期待してはいけない。新作のエピソード6話は全て一連の作品なのだ――主演であるジリアン・アンダーソンの特徴的な髪の色に至るまで。

FOXが初めて本作品を放送した1993年、アンダーソンはFBI特別捜査官ダナ・スカリーを演じるため、金髪を赤に染めた。今回彼女はウィッグを身につけることを選択した。

「最初のウィッグはそれほど赤くなかったの。光源によってはストロベリー色になってたわ」
と、彼女はNew York Postに語る。
「ふたつ目のウィッグはオリジナルの色に近かったの」

一貫性は髪の色よりも深くに及ぶ。デヴィッド・ドゥカヴニーも同様、スカリーの同僚であるフォックス・モルダーは親友であり、後に、恋人となった。

アンダーソンにとって――彼女は月曜日に初放送となった「戦争と平和」で、ウィットに富んだ社交家の貴婦人を演じており――2008年の映画「X-Files:I Want To Believeでも解決しなかった、やり残した感のある仕事がある。

「私達にはもう一つの章が必要だったんだって感じね」と、47歳の彼女が話す。
「この新しいエピソードが、ファンの人達にとって本当に楽しいものになるって私は考えてるの。それに私達にとっても可能性があるって」

ソーシャルメディア狂の時代以前でさえも、X-Filesには熱心な信者がいた。このことも、アンダーソンにとって挑戦だった。

「懸念の一つは、私達が以前のものを正確に作りなおすことが出来るかどうかだったの。視聴者が楽しんでいて、それから飽きてしまった作品を提供する事が出来るかしら?って」
と彼女が笑う。
「新作は、ストーリーと安っぽさがユニークなバランスを保っているわ」

20160116-03.jpg
Photo: Ed Araquel/FOX


もし作品に一貫した線があるとすれば、モルダーとスカリーの――そして彼らを演じる俳優の――絆よりも、異星人の誘拐というのはあまり関係がない。

「私達や、私達のうちどちらかのために書かれた脚本の原動力があったのよ」
と、波乱に富んだドゥカヴニーとの舞台裏での関係を多分に仄めかし、アンダーソンが回顧する。だが2人は常に、付き合っているという噂を否定してきた。

「脚本家達は、うまくキャラクターの関係を流動的なものにしていたわ。だけど基礎の部分はお互いにかなり気を付けていたのよ。2人とも、それぞれの人生にとって愛する存在だから」

と、スカリーの口から出た言葉ですよ、ファンの皆さん。

現在は3児の母であるアンダーソンにとって、24歳の時に創りあげ、エミー賞とゴールデングローブ賞を獲得したキャラクターに立ち戻るのは容易ではなかった。

「一番最初にスカリーともう一度繋がろうとした時、あまりにも遠い過去に行ってしまったわ。スカリー自身の成長した姿になることを、彼女に許可しなくてはいけなかったの。スカリーの遊び心をうまく利用しながらね」


ロンドン育ちのシカゴ生まれが持つ中で、遊び心のある役はそう多くない。

「(そういう)脚本は私の机に乗らないのよね。(※訳注 楽しい役の依頼がない、仕事がないってことかと)とアンダーソンが呻く。
その代わり、SF作品やスリラージャンルに「ブリーク・ハウス」のような時代劇を同時進行で制作している。次の冒険は古典と現代の両方だ。今春、ブルックリン通りにあるSt. Ann’s Warehouseで、現代設定の「欲望という名の電車」のブランチ・デュボアを演じる予定。

異星人についての言及はありませんでしたが。全てを持つことはできませんから。
Sun 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

Jimmy Kimmelとリバイバルプレミア、盆と正月が一緒に来て対処しきれないけど画像だけは……画像だけは……!

カテゴリー: X-Filesリバイバル

まずはプレミア関係のツイッター寄せ集め

【プレミア】



プレミアに通ずる道路にX-Filesリバイバルの標語がwww















肺がん男元気そうw








スキナー!




肺がん男とスキナー!




ジリアンも到着~~~!!



美しすぎる!






DDもキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



















アナベス・ギッシュ姐さん!




アナベス姐さんから皆にメッセージ








楽しそう




ジリアンと産みの親









「レッドカーペットにいる人見てみて!」


その撮影の様子↓














背中!




ジリアンが美しすぎて圧倒される人続出




きゃわいいいいいいいいいいいい




















女神かな?




デビジリツーショット!




DDが来るのを待ってるジリアン




2人が近いぃぃぃ




近い(0mm)




        ミ∧_∧ パシャッ パシャッ
       ミ (/【◎】
     .  ミ /  /┘
        ノ ̄ゝ




















「これ、ウチの奥さん」




























新キャストのロビー・アメルかっこ良すぎか!




ジリアンと~



レッドカーペットの様子




Thu 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

X-Filesはそこにある!全9シーズンが、リバイバルに先駆けてアマゾンプライムビデオに登場 ※

カテゴリー: テレビシリーズ

11 January 2016
By Tom Eames

The X-Files is out there! All nine seasons hit Amazon Prime Video ahead of the revival
Digital Spy


SFの最高傑作をイッキ見できるのは、後10日あまりのみ。

20160111-20.jpg

私達は信じたい……今月末に新たにカムバックするX-Filesの全シーズンを、放送前にパンツを履いて見られる事を。

今やそれができるのです!
アマゾンプライムビデオが、SFドラマの最高傑作全9シーズンを追加してくれました。デヴィッド・ドゥカヴニー、ジリアン・アンダーソン主演の当作品が、イギリスで視聴可能です。

全エピソードが本日(1月11日)から無期限で、アマゾンプライムビデオでストリーム配信されています。新たなファン、復活したファンともに、カムバック前に10日間でイッキ見できます。
Mon 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

X-Filesリバイバルではジリアンの方がキツい事してると話すデヴィッド・ドゥカヴニー

カテゴリー: X-Filesリバイバル




★0:28~

WS000063.jpg
DD「僕達一件も事件解決してないからね。一番ヒドいFBI捜査官だから」

GA「いいえ!一つは解決してるはずよ」

DD「無い無い。全然してない。僕達最悪だよ」

WS000064.jpg

WS000065.jpg


WS000066.jpg



WS000067.jpg
インタビュアー「あなたのキャラクター、彼女(スカリー)に戻るのはどんな感じでしたか?簡単な事ですか、それとも……」

DD「それは僕に聞くべきだよ」

インタビュアー「あら」

GA「そうよね」

インタビュアー「あらちょっと待ってww」

WS000068.jpg
GA「どう思った?私はどうだった?」

DD「ジョークだよww」

GA「アハハwww」

インタビュアー「アッハッハッハッハwwwww」

WS000069.jpg
GA「全然簡単じゃなかったぁ~~~」

DD「彼女、ちょっと下手になってるねww」

これ、下ネタらしいです。
インタビュアーの質問の原文は「what was it like getting back into her?」で、get back into herはダイレクトに言っちゃうと「彼女の中に戻る」……
公式でモルダーとスカリーは別れていたという設定だったので、つまり「彼女の中に戻るのはどんな感じでしたか」をDDに聞くのは……(*ノェノ)キャー

だからインタビュアーが超爆笑してたり、ミッチが下向いてるらしい。



★1:08~

WS000070.jpg
DD「僕の人生の中の誰よりも、ジリアンと長い時間を過ごしてるよ。それだけは言える。僕の両親は別にしてね」


WS000071.jpg
GA「それは本当だって推測するわ……」
(ジリアン、若干引いてないかww)

DD「そう、だから……気をつけないと」


WS000072.jpg
DD「誰かが痛い目に遭うかも」


20160111-11.gif
GA(それは私ですわ~)

DD「何て?wwwwww」

GA「wwww」


WS000073.jpg
DD「ジリアンはたくさんの事をやってるよ。医療的な事をやってたり、科学的な事もしてるし」

GA「してるわね」

DD「制作スタッフは君に、そういうつまらない仕事の殆どを振ってるよね」


WS000074.jpg
GA「あなたはどのエピソードでも、拷問される割り振りだものね」

DD「そうだね!」

GA「文字通りの拷問ね」

DD「それにどうも毎回、気絶してるし、銃は無くしてるしね」



Mon 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソン:「私の人生で欠けているものなんて無いわ。誰かを待ち望みながらバーの椅子に座ったりなんてしない。」その3

カテゴリー: GA

Gillian Anderson: ‘Nothing is lacking in my life. I don’t sit on bar stools, pining’
The Guardian


Rachel Cooke
Sunday 3 January 2016 09.00 GMT


その2はこちら


偶然にも、間もなく発売予定の著書は、数ある中でも、女性たちが暴力に対して沈黙する"低い自尊心"を扱っている。

「自分自身に向き合う事を書いた本なの。世界でより良いサービスを提供できるよう、自身の人生を通じて働く事についての本よ。それと、女性のコミュニティについても。たくさんの競争、意見、否定的見方がある。特にソーシャルメディアではそうだわ。自分たちの声を上げようと、お互いに頼り合うべき時、お互いに助け合うべき時に」

遥かに多くの女性が恐怖によって抑制されている、とアンダーソンは考えている。彼女はそのうちの一人なのだろうか?

「恐怖で麻痺していた、って感じた時期があるから、イエスね。仕事に関することでも、生活に関することでもどちらでも。私が分かるのは、目覚ましが鳴った時、あと5分だけ…ってベッドにい続けてしまうと大変なことになるって事――自分の不安が勝ってしまうのよ。起こしてくれる子供たちがいるけど、もし起きなかったら私の頭がクラクラし始めてしまって、人生のあらゆる面で影響が出てしまうわ。私がいかに家族と繋がっているか、世界中で引っ越ししているか、写真撮影の時にどれほど眼の奥で表現しているかにね」


休日は"ひどいもの"だと彼女は言う。

「自分で忙しくしてるのよ。だって止まってしまったら大変なことになるから。それを学んできたのよね。だけどそれから、自分自身を強制的に止める事が大事なときもある。だって私は何から逃げようとしているのかしら?もしかしたらそれは、私の弟が亡くなった時のとてつもない悲しみかもしれない。(アンダーソンの弟であるアーロンは、脳腫瘍のため2011年に30歳という若さで亡くなっている)それか、つまらない子供時代の何かかもしれない。それか、私は47歳なんだけど、50代になろうとしている時に職を得るのはいかに大変かを知っているからかもしれないわ。終わりがない引っ越しの多くは、(仕事が)途絶えてしまう事への恐怖なのよ。でもそうは言っても、私が下した良いビジネスの決断なのかも。どっちにしろ、その真実にたどり着く必要があるわ」

アンダーソンは、自身の成功を自分がどのように見ているか、人々がどの様に見ているかを知ってもらいたいと思っている。その2つは全く違ったものだからだ。


WS000060.jpg

レッドカーペットで。かつてのパートナー、マーク・グリフィスと。写真: Dave Hogan/Getty Images

自分の年齢を、どのように感じているのだろう?彼女の世界は、過去の事になると、かなり無慈悲なものだ。

「以前の仕事で、楽屋用トレーラーの中で私が一番年上だった時があったの。それから二日は文字通り泣いたわ。自分の若さがどこに行ってしまったのかと悲嘆に暮れていたの。若さがある時は、自分が存在していることすら感じていなかった。本当に愚かなことだわ。けれどそれから、自分が手に入れた物を受け入れるようになったの。それにこの年齢の素晴らしさもたくさんあるわ」

アンダーソンは自分の顔をいじくり回しているのだろうか?(至近距離で眺めて見るに)それで実際に引っ越ししているのだろうか?彼女は笑う。

「いいえ。だけど昨日、写真撮影をしたの。最初は照明がちゃんとできてなくて、そのことで話し合いが行われたわ。間違った印象をあたえる事についての話し合いじゃなかったのよ。何でもかんでもハイライトさせない事についてで。何でもかんでも、って言うのは、そう……分かるでしょ」

最近整形をした友達がいるとのこと。

「しばらく会ってなかった人がいるんだけど、何かしたんだなって明らかだったわ。何を言ったらいいのか、とても難しくて。何も言えないわよね。このゴールはどこなんだろう、って考えずにはいられないわ。いずれ医者は不自然に見えないような施術を考案するでしょうけど、それでいいのかしら?(私達が反対する)行為そのものなのか、それとも自然に見えないような事実なのかしら?」


彼女は長い事、とある幻想を抱いてきた。

「白髪を見つけた時、安心したの――私の一部分では、髪の毛が白くなるのを待ちきれなかったわ。人々がまだ……判断してしまう中間点を越えてしまいたかったの。だけどその反面、俳優は白髪のままで行こう、って意識的に決断する時があるのよね。私はその変化どれだけ大きいか想像できないの。だって景色を完全に変えてしまうから。私はそれを想定しておくべきだし、いつかはその課題が現れるでしょうね。多分、金髪の役を引き受けなくなる時が来るわ。金髪って、自分のシワの量とうまくマッチしないものなの。役を得るために、白髪にならなきゃいけなくなるわ。多分それと同じくらい簡単でしょうね」


彼女の私生活は、簡単ではない。私がアンダーソンと話をするのはこれで三度目だ。初めて会った時、彼女はバイオ燃料で起業した元ジャーナリストのジュリアン・オザンヌと付き合っていた。だが彼女は気がそぞろだったようで、案の定、2人の結婚生活は16ヶ月しか続かなかった。
2回目に会った時、彼女は実業家マーク・グリフィスとの間の子(彼女にとっては第2子)を妊娠中だった(彼女はX-Filesのプロダクション・デザイナーだった最初の夫であるクライド・クロッツとの間にもうけた成人済みの娘がいる)。
彼女は一緒に取ったランチの時間の大部分を割いて、私にも子供を持つよう強く勧めてきた。
今は、だが、彼女は再び独り身だ――目的を達成するために適切といえる状態かもしれない。昔よりもずっと満足しているようだ。

「そうね、イエスよ。満足してるわ。私の人生で何かが欠けているって感じがしないの。誰かを待ち望みながらバーの椅子に座ったりなんてしない。だけど誰とも会ってないと言うのが事実ね。(彼女とマーク・グリフィスは2012年に別れている。)皆がどこで人と合ってるのか分からないのよね。」

ええ、ちょっと待って、と私は指を鳴らして声を上げる。私ならすぐにでもあなたにボーイフレンドを見つけられるわよ。

「いいえ、無理よ!」と彼女は悲鳴を上げた。

「問題なのはニーズや欲求があるってこと。私はニーズついてのリストがあるけど、それについて妥協はしないわ」と、彼女はため息をついた。

「だけどそれとは別に……私は誰とも会わないのよ!人と会うでしょ、そしたらその人が私をデートに誘うでしょ、私はノーって言う……ってワケじゃないの。私が人と会って、その人に構ったりしないってワケでもないの。ただ全く誰とも会わないの。飛行機に乗ってるか、撮影しているか、子供たちといるかだけ。私のためにお膳立てしくてくれる人もいたのよ。それでもし友達が"素敵な人を知ってるんだけど"って言うとするでしょ、私は会いに出かけるわ。だけど問題があるの。私には3人の子供がいるって事。無理な話なのよ」

彼女はどれくらい長く一人身でいるのだろうか?

「時と場合によるわね。数年間は誰とも付き合ってないわ。だけど不安には感じていないわ。それに合わない人と付き合う事にも興味が無いし。皆こう言うの、「あら、彼ってカッコいいじゃない」って。私は見た目には興味無いのが問題なのよ」


記事では悲しく聞こえるかもしれない:レッドカーペット上の絶望的な孤独。
だが惑わされないで欲しい。アンダーソンは話している間、笑顔だったし、目をグルグル回していたし、ほとんど演技過剰だった。私の勘では、彼女のニーズは満たされている。彼女のニーズは仕事をすることであり、そうやって彼女が仕事をしている時、どういうわけか全てが収まるべき所に収まっているのだ。

「戦争と平和」は1月3日午後9時にBBC Oneで放送開始。X-Filesは5チャンネルに間もなくカムバックする。
Sat 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソン:「私の人生で欠けているものなんて無いわ。誰かを待ち望みながらバーの椅子に座ったりなんてしない。」 その2

カテゴリー: GA

Gillian Anderson: ‘Nothing is lacking in my life. I don’t sit on bar stools, pining’
The Guardian


Rachel Cooke
Sunday 3 January 2016 09.00 GMT


その1はこちら



X-Filesにカムバックするのは変な感じだったのだろうか?何だかんだ言って、アンダーソンは長いことダナ・スカリー捜査官から逃げようとしていた。2002年に荷物をまとめてロンドンへ移り、意図的に自主映画で様々な役を選択してきた。(「The Mighty Cel」「A Cock and Bull Story」

「最初はX-Filesへの復帰について相反する感情を持ってたの。以前の制作では、一年間に24話作っていたもの。だけど私はもうそんなに出来ない。だから、FOXが放送できるエピソード数に関してちょっとゆるい感じになり始めたから、実現しただけなの。私達が制作を始めて変だったのは、奇妙な感じだったのと慣れ親しんだ感じの両方。私達二人とも、もう年を取ってしまったもの。昔は永遠に走り続けられていたけど、今はこんな感じなの、"脚が動かない~~"って。肉体的な面では……やり甲斐があるけど大変だったわ」

彼女と共演者のデヴィッド・ドゥカヴニーは、これまでにない程親密だ――昔はよく、お互いにイライラしていたものだったが――だがそれは、家から長いこと離れていたからという単純な理由で「感情的に複雑」な撮影だったからだ。アンダーソンの幼い子供たちは7歳と9歳になる。


今回、彼女はスカリーを演じる際に赤毛のウィッグを着けていた。

「髪の毛を染めて、それからすぐにThe Fallに備えて金髪に戻すと、私の髪の毛が抜けてしまうって言われたの」
今の彼女はイキイキしている。
アンダーソンはどうやら、件の金髪である警視ステラ・ギブソンにより心を奪われているようだ。

私が彼女に、最終シーズンの後に作品から離れようと考えたことがあるかどうかを尋ねると、彼女は「いいえ!」と叫んだ。

「私のお気に入りなのよ。私にとって非常に大きな存在だわ。私の心を掴んで離さないのと同時に、ミステリアスでもある」

第4シーズンを作りたいと考えているだけでなく、一連の議論に関心を払っている――筆者を含む多くの人々に、女性に対する暴力を扱っているという意見があるのだ――Daily Mailの唯一の創作だが。

「事実無根よ。根拠が無いわけじゃないけど。どちらかと言うと、世界中にまだ女性への暴力がたくさんあるって事を示してるわよね。私達のThe Fallより、大幅に暴力的で不当な作品は他にもたくさんあるわ。だけどそういう作品は、言ってみれば、vampirism(吸血鬼の存在を信じること、吸血鬼の行為)という面で、そういう所に注目されないの。私達の作品はとてもリアルで、登場人物も理解しやすいわ。人の心を強く惹きつけるほどにね」

WS000058.jpg


その3へ続く!
Tue 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソン:「私の人生で欠けているものなんて無いわ。誰かを待ち望みながらバーの椅子に座ったりなんてしない。」その1

カテゴリー: GA

Gillian Anderson: ‘Nothing is lacking in my life. I don’t sit on bar stools, pining’
The Guardian


Rachel Cooke
Sunday 3 January 2016 09.00 GMT

「X-Files」から「The Fall」、そして「欲望という名の電車」や「戦争と平和」まで。ジリアン・アンダーソンは忙しい。
(The Guardianの記者)Rachel Cookeに、なぜ忙しさが自分の正気を保っているのか――そして3人の子供のシングルマザーでいる事がピッタリ合っているかのを語ってくれた。


WS000054.jpg

「ずっと多忙にしてきたわ。止まってしまったらトラブルに巻き込まれてしまうから」Photograph: Max Abadian/Corbis Outline


私がこれまで会ってきた真に有名な俳優の中で――つまり、「Radio Times」と言った記事に登場したというよりも、バスのラッピング広告や『サンセット大通り』に登場した面々の事だが――ジリアン・アンダーソンはインタビューがとりわけ傑出している。
これは彼女が良識を持ち合わせ、ノーマルであると思わせているパフォーマンスなのだろうか?
あるいは、彼女は本当に良識を持ち合わせてノーマルという事なのだろうか?
私は疑念を抱いているが、断言は出来ない。
私が言えるのは、ジーンズとブーツを身に着けた小柄な彼女は、驚くほどの団結を見せていたという事だ。
私のハリウッドスターの友人達が裏切ったように聞こえなければ、人はそれをsisterliness(姉妹のような、仲の良さ)と呼ぶだろう。

まず最初に記しておくことは、彼女は一人でホテルまで歩いてやって来たと言う事。――ロンドンの思いがけない地域にある地味なホテルまで、彼女の自宅から歩いてきたのだ。
二つ目に、彼女はサングラスをかけていない。それはおそらく、誰も彼女を煩わせることが無いからだろう。
またコーヒーを注文する際には、大豆、脂肪、カフェインやら何やらうんざりするような長いオーダーと来る。
注文が終わると、彼女はコートとバッグを隣のソファにドサッと降ろしてこちらを振り返った。

「Yes」と言った。

質問ではない。始まりの合図でもない。その言葉は彼女自身に向けられたものだ:明らかに、彼女は首尾よく家から出てこれたという確認。
感謝祭の日(11月の第4木曜日)だった。
ネットスーパーの「Ocado」の時間指定を間違ってしまい、ターキーと3人の子供たちと口論していた。
なるほど。私は彼女の完璧な肌を見つめ、疑惑を追いやることができなかった。
アンダーソンに関する事を明るみにしていく上で、写真家は誰ひとりとして彼女を公正に評価しえた事はない。
目の当たりにしているが、彼女は記事よりも10倍以上美しい――今日、私はその事を指摘した。意義は認めない(キリッ。

「あら」と、彼女は髪の毛を引っ張りながら答えた。
「昨日、写真撮影したのよ。髪をブローしてたし、化粧をちゃんと落とさなかったからね。だからだわ」


表向きはBBCチャンネルで近日公開予定の「戦争と平和」(かなりイギリス訛りに聞こえる)で、演じている社交界の著名人アンナ・パブロヴナ・シェーレルに関する様々な出来事にについて話している――また、彼女がどうして制作に関わるようになったのか、我々は最初にディスカッションした。
ピエール・ベズコフを演じるPaul Danoだけでなく、ワシーリー・ クラーギンとして登場するStephen Reaも参加しており、更にこのドラマの脚本家であるAndrew Daviesは、アンダーソンが魅力的なデッドロック夫人を演じた「ブリーク・ハウス」でも脚本を務めている。

だが彼女は早々にこの話題を切り上げてしまい、不平不満をしぶしぶ語った。
彼女の役柄は、地震が指摘するには、比較的小さな役でしかなかった。その上、彼女はNatasha Rostovaを演じていれば、「戦争と平和」はおおよそその半分になっていただろう。
アンダーソンは慌ただしいペースを維持しており、日記はまるで筋肉がつきすぎたように膨張している。

彼女を有名にさせたX-Filesが、もう間もなくテレビ画面にカムバックする。
昨年、Gurinder Chadhaによる新作映画「The Viceroy’s House」でEdwina Mountbattenを演じるべく、インドへ撮影に行く直前にX-Filesの撮影を行った。
その翌週、BBCチャンネルの「The Fall」第3シーズン撮影開始のため、彼女はベルファイストへ飛行機で舞い戻る。
また彼女はニューヨークへ赴き、Young Vicで高い評価を受けた「欲望という名の電車」のブランチ・デュボアを再演する予定だ。
それから、活動家のJennifer Nadelと執筆し、本のタイトルが「WE」と言う格言的な女性の権利についての本を出版する。


WS000056.jpg

その2へ続く!
Sun 2016 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソンとの"速記"コミュニケーション、お気に入りのエピソードについて語るX-Filesのデヴィッド・ドゥカヴニー

カテゴリー: DD

The X-Files' David Duchovny on His 'Shorthand' With Gillian Anderson, Favorite Revival Episode
TVLine

By Michael Ausiell
December 23 2015, 6:43 AM PST

20160102-01.jpg


デヴィッド・ドゥカヴニーが真実を求め、鉛筆を投げ、スカリーも匙を投げるフォックス・ウィリアム・"スプーキー"・モルダーFBI特別捜査官がテレビ画面に最後に登場してから14年。
1月24日(日)にX-Filesの6編からなるリバイバル初放送を以って、それらの欠乏も終わりを告げる。

TVLineとのインタビューで、55歳の俳優が――NBCチャンネルのAquariusで主演を務めている――過去のX-Filesで、主演女優のジリアン・アンダーソン(ええ、"過去"と言いました)との間で"困難だった事"を回顧し、モルダーを演じる事に対する現時点の愛着、彼の名前を有名にした作品の未来について語った。


TVLINE:一番最初にX-Filesに関わってから、X-Filesに対する視点はどのように変わりましたか?

最初の頃は、X-Filesは僕の初めての仕事のうちの一つだったんだ。僕は何とか芸術的に生き延びようとしていた。僕とジリアンが自分達の人生やキャリアの中で、このタイミングでカムバックすることになったのは……今取り組む事がベストからだと思うんだ。よりスキルを磨いた状態でキャラクターを再演できたのは、本当に僕達2人にとって素晴らしいことだったよ。昔みたいにタフなエネルギーは多分もう無いけどね(笑)



TVLINE:X-Filesがあたなにもたらしたギフトに対するより良いappreciation(審美眼、理解力、評価)について、X-Filesが最初に放送された頃よりも、今は持ってらっしゃいますか?

僕はいつだってそのことに対して感謝していたよ。X-Filesは出世に繋がる作品だったね。僕が関わったどんなビジネスにも感謝するだけでなく、毎日仕事に行く機会を僕に与えてくれたよ。もし僕がX-Filesに対して感謝なんかしていなかった時あるとするなら、それは多分(ファイナルシーズンの時に)僕がただ飽きてしまって、外の世界に出て別のことをしたくてしょうがなかった時かな。X-Filesから死ぬほど離れたかった時も確かにあったね。だけどそれはX-Filesのせいじゃなかったんだ。骨の折れる仕事だったからだよ。



ジリアンとの関係もどのように変化しましたか?

僕たちは仕事に関して、長い間うまくやってきた。長い年月の間で遭遇するトラブルは何でも、僕がX-Filesから離れたいと言ってた事が原因なんだ……9年間も同じ人間と一緒に温室にいるように感じるし、疲労もある。二人とも今は良いよ。僕たちは速記のようなコミュニケーション手段があって、僕は彼女と一緒に仕事をすることを楽しんでるよ。X-Filesにカムバックする中で一番簡単だったのは、多分一緒に仕事をしたことかな。



かつてX-Filesの何話かを脚本して監督してらっしゃいましたね。今回は制作サイドでの参加はありましたか?

してないね。もともと(リバイバルの可能性について)話し合っていた時、12話か13話で考えていたんだ。それが(伝統的な)手本だったからね。その(シナリオの)中では、僕も一話を脚本したり監督しようか考えてたよ。だけど6話構成でやる場合、そんな余裕が無かったんだ。



新作の6話の中で、個人的にお気に入りのエピソードはありますか?

俳優としての僕で言えば、ダリン(・モーガン)の脚本だね――面白くて奇妙なんだけど、非常にスマートで緻密なんだ――いつもチャレンジのしがいがあるし、楽しいんだ。今回もそれは同じだよ(2月1にtに放送される「Mulder and Scully Meet the Were-Monster」はダリンが脚本/監督を務めた)。クリス・カーターは本当にscope(余地、余裕、自由、思考力、知的能力)とアクションに気を配っていたね。(だけど)俳優として演じる場合、僕にとってはアクションはそれほど関心が薄かったな。基本的に夜に撮影しなくちゃいけなかったしね。それに何かに向かって走ったり、何かから逃げなくちゃいけなかったりとかwwwクリスの脚本だからってわけじゃないけどね。だけどダリンが脚本したエピソードはいつも言葉が際立っていて、よくおどけていたし、主題に一捻り加えられていた。今回もそれは同じだよ。



今回のようなX-Filesミニシリーズは、年に一度の行事になりますか?

そうならない理由がないよね。だけど、僕たちは制作できるからという理由だけで、これ以上のエピソードを制作したくないだけなんだ。僕は興味はないね。クリスもやってみたいとは思わないんじゃないかな。もしクリスがX-Filesを今後どうするかや、キャラクター達の行く末を考え始めるインスピレーションを持ったなら、確実に僕達は耳を傾けるよ。
Sat 2016 | trackback(0) | コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。