tweetツイートする

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)
tweetツイートする

First look:「欲望という名の電車」のウエスト・エンド版でジリアン・アンダーソンが悲劇のヒロイン、ブランチ・デュボアを上演する

カテゴリー: 欲望という名の電車

First look: Gillian Anderson unveiled as tragic heroine Blanche DuBois in West End production of A Streetcar Named Desire
Mail Online

By Ryan Smith
Published: 15:56 GMT, 25 July 2014 | Updated: 07:12 GMT, 26 July 2014


 ジリアン・アンダーソンは演劇界で最も有名な南部美人の一人として、舞台への復帰を果たした。
 45歳のジリアン・アンダーソンが、ウエスト・エンド版の「欲望という名の電車」で悲劇のヒロイン、ブランチ・デュボアを初めて演じている。
 花柄のドレスに身を包み、様々な美容道具が揃った化粧鏡の前に勝手気ままに座りながら、悲しみの姿で人目を惹きつける。
 
20140726-01.jpg

 
 また別の場面では、赤いドレッシングガウン(長くてゆったりした部屋着)を着た金髪の美女が観られる。暴力的な義弟、スタンリー・コワルスキー演じるベン・フォスターが背景に佇んでいる。
 ジリアンはまた、妹ステラを演じるヴァネッサ・カーヴィとの白熱した対談にも姿を見せている。テネシー・ウィリアムズはこの舞台作品でピューリッツァー賞 戯曲部門を受賞した。
 ロンドンにあるYoung Vicシアターで9月19日まで公演中のこの作品は、ベネディクト・アンドリュースが監督している。
 
20140726-02.jpg

 
20140726-03.jpg

 
 元X-Filesのスタージリアンに合うために観客はチケットを奪い合う中、アンダーソンは最近、よりクラシックな舞台作品に取り組むことに意欲的だと明かした。
 
「新しい舞台作品が優れていないとか難解ではない、って事じゃないの。だけどそれら(クラシックな舞台作品)が偉大な作品と言われるには理由があるわ」
 と彼女はThe Stageに話した。
 
「クラシックな舞台作品が、潜在的にこれからの私の目を豊かなものにしてくれてきたの。こういう物を掘り下げて考えた後にね。それがまさに唯一の方法なの」
 
20140726-04.jpg

  
 インタビューの間、彼女はまた演技の世界がどれほど厳しいかについても語ってくれた。また俳優を目指す人に、「足を踏み入れると選んだ演劇人生の場所がどこであれ」落胆の気持ちをどのように扱うべきか準備しておくべきだとも警告する。

「落胆に打ち負かされない方法を見つけなければいけないわ。そしてどんな理由であれ、あなたのためではなかった――またはそれを更に必要としている人のための機会だったんだって信じること。すぐそこには別の仕事があるわ」

 2002年、ジリアンはMichael Wellerの二人芝居、「What The Night Is For」でウエスト・エンドデビューを飾っている。

20140726-05.jpg
スポンサーサイト
Mon 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

「欲望という名の電車」の舞台写真キタ━(゚∀゚)━!

カテゴリー: 欲望という名の電車

Rikaさんからツイッター経由で「欲望という名の電車」写真がアップされているのを教えてもらいました!

A Streetcar Named Desire, Young Vic - Images | Jane Hobson | 07798 794205 | jane@janehobson.com

おおおう…と唸ってしまう着物姿(左前なのはあえてツッコまない)。でもやっぱりジリアン美しすぎる~~~!

そして作品にはかかせない小物、ラジオが映ってる写真も確認。現代版「欲望という名の電車」ですが、この時代だとそぐわないなあ。

本当に現代に忠実にするなら、ラジオじゃなくてiPhoneなりパソコンなりになるんでしょうけど、さすがにそれは変だよね。
パソコンを窓から投げ捨てるスタンリーのAAができちゃう…

Sat 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソンとヴァネッサ・カーヴィへのインタビュー:「出演者全員、ジリアン・アンダーソンはホットだ!"って言ってるの」

カテゴリー: 欲望という名の電車

Gillian Anderson and Vanessa Kirby interview: 'Everyone in the cast said "Gillian Anderson is so hot!"'


ジリアン・アンダーソンとヴァネッサ・カーヴィが、この夏上演される舞台、Young Vicの「欲望という名の電車」の最も有名な姉妹として出演する。
By Andrzej Lukowski
Time Out London

20140723-01.jpg

© Johan Persson


「All right、もうズボンを降ろしていいわよ」とインタビューの最後にジリアン・アンダーソンが言った。

 僕にではない、ヴァネッサ・カーヴィに向かって。この夏最も期待されている作品でアンダーソンの共演者だ。ヴァネッサが最近ついた噛み跡を見せるべく、ズボンを降ろそうとしながらインタビューは始まった。
 年上の、聡明なアンダーソン――ほぼ20年近く国際的な有名人――が、子犬のように無邪気な若いカーヴィに、見知らぬジャーナリストが去るまで待った方がいいとドライに忠告する。
 
 高く評価された2011年のBBCドラマ「大いなる遺産」で二人は友だちになった。アンダーソン演じる毒親(poisonous)、ミス・ハヴィシャムの共演者であるエステラを演じた人気急上昇中のカーヴィが見られた作品だ。
 だが今日、二人はクスクス笑い合う姉妹として通用している。それはアンダーソンが人々が思うよりも面白く、約10億倍もイギリス人である二つの理由によるところが大きい。
 ロンドンで育ち、現在は住んでいる。ダナ・スカリー特別捜査官とは全く似ていないハキハキとしたアクセントで、彼女は話す。二人は驚くほどお互いをping off(意味が分かりませんでした)する。
「彼女って面白い人なの。ドライだし」とカーヴィが陽気に言う。「私はドラマチックな負け犬ね」

 姉妹として通用する程、二人は良い仕事をしている。舞台作品の中で最も有名な姉妹――テネシー・ウィリアムズの象徴的なアメリカ文学、悲劇作品の「欲望という名の電車」に出てくるブランチ・デュボアとステラ・コワルスキー――を演じるためにリハーサルに深く打ち込んでいるのだから。
 
 Young Vic史上、最速でチケットを売り切った作品であり、その多くはアンダーソンの持つスター性の力によるものだ。確かに、ウィリアムズの劇を演じるのは彼女のアイデアだ。
「何故なのか、実際分からなかったわ」と言う。「だけど、人生の中でいつかこれをしちゃくちゃいけない、もししなかったら私は失敗したと感じるだろう、って自分の体の細胞が分かっていたかのようなの」
 
 
 また一方で、「欲望という名の電車」が素晴らしいベネディクト・アンドリュースの監督のもとYoung Vicで上演されることになった事実は、部分的にカーヴィの責任でもある。彼女は2012年に同劇場で、アンドリュースの画期的な監督作品、チェーホフの「三人姉妹」で主演を務めた。アンダーソンがその舞台を見に訪れ、「出演者全員、こんな感じだったの。"おお、オーマイゴッド、ジリアン・アンダーソンだ。彼女めっちゃホットやでえ"って」とカーヴィが笑う。「実は私の友達なのよ、って言ったの」
 カーヴィがアンダーソンに監督のメールアドレスを渡した際、彼女は冗談めかして自分がステラを演じるつもりだと持ちかけた。それに対するアンダーソンの簡潔な答えは、
「足の長さを短くして、今より10歳老けることができるならね」だった。
 だが飲みに出かけた夜の二人の写真を見て、アンドリューズは興味をそそられ、カーヴィが配役された。通例の繊細な花のようなステラよりも、少々堂々としたステラを我々は期待することができる。
 
「欲望という名の電車」は、偉大なアメリカ人劇作家ウィリアムズによる偉大な舞台だ。魅力が薄れつつある美女ブランチのストーリーで、妹ステラの所へ身を寄せながら己の悪魔から逃げようとしているが、義弟のスタンリー(アメリカ人俳優、ベン・フォスター)によって破壊される。偉大な役だが、幸せな役ではない。

 
「彼女は打ちのめされた状態で(ステラのもとに)到着したけれど、まだ自身の正気と戦っているの」とアンダーソンが話す。
「彼女にとって最も馴染みあるもの、階級、優越、歴史、家族、現代社会を通して女性が安全だと感じさせてきたもの全てを、手放さないために戦っているわ。安全と救済を探してきて、それは彼女が手にしてきたものとは正反対なの。彼女はスタンリーの中にいる破壊者と向き合う。この劇はその軌道を描いているの」
 
 アンドリューズの「三人姉妹」は周知の通り、前衛的なセットを呼び物にしていた。だが畏敬の念に満ちた口調でアンドリューズについて話す彼女たち二人(アンダーソン曰く「(アンドリューズではなく)誰か別の人との舞台に戻れるかどうか分からないわ」)は、ビジョンを強制的に組み込むのはアンドリューズの狙いではないと強調する。その代わり、かつての観客に感じさせたのと同様に、彼は古い劇作品を新鮮に感じさせようとしているのだ。この目的を達成するために、彼らの「欲望という名の電車」は1940年代のディテールを廃した、殺風景で必要最低限な円形上の舞台になる。
 
「テネシー、俳優、観客の間にある最も明瞭なラインなの」とカーヴィは言う。
 既に大ヒット。チケットが販売され始めた時、需要の多さにYoung Vicのウェブサイトがクラッシュしたのだ。今から観るためには、毎晩午後5時に行われる当日抽選に参加するのが一番確実だ。
 アンダーソンに次の予定を聞くと、近日発売の「A Vision of Fire」のオーディオブックの録音をするため、「欲望という名の電車」が公開される週に21時間費やさなければならないとぐったりしながら説明した。さらにいくつかのテレビドラマに出演している。(優れたHBOの「ハンニバル」、BBC・RTÉ(アイルランド放送協会)の「The Fall」)
 カーヴィのスター性も急上昇しており、ウォシャウスキー兄弟の「Jupiter Ascending」への出演と、スリラー映画「Everest」への登頂を控えている。アンダーソン、カーヴィ、引っ張りだこのアンドリューズが舞台作品を一緒に取り組む時間を見つけたのは、ほとんど信じがたいことなのだ。
 
 舞台作品から何を期待するべきか知るのは、欲望を感じるほど難しい。アンダーソンとカーヴィの二人共、自身の役について思慮深く話しているものの、ブランチとステラをリハーサル室の外には連れ出さない。だが僕が退室する時、カーヴィはズボンを降ろす準備をしていた。一つだけ確かな事は、二人は注目に値するsister actだということだ(they’re one hell of a sister act.)。
 
 最後のthey’re one hell of a sister act.は、sister act(邦題:「天使にラブソングを」)と、ブランチ・ステラ姉妹(=sister)をかけているのだと思います。
Thu 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ヴァネッサという名の素敵なスター

カテゴリー: 欲望という名の電車

A sweet star named Vanessa...
Mail Online

By Benji Wilson
Published: 23:01 GMT, 19 July 2014 | Updated: 23:02 GMT, 19 July 2014


BBCで放送された「大いなる遺産」のエステラで我々を魅了した彼女は、熱い期待を寄せられている舞台「欲望という名の電車」での評価を受けることになる。だがその輝かしい将来性をよそに、バネッサ・カーヴィは愛らしくも現実的なままだった。

20140720-01.jpg


「欲望という名の電車」関連の部分のみ訳します。

 (記者のBenji Wilsonがヴァネッサの私生活の話を聞き出すのを)諦めて、「欲望という名の電車」についての話題に移る。
 「大いなる遺産」で養母ミス・ハヴィシャムを演じた同じ女優、ジリアン・アンダーソン(ブランチ・デュボア)と再びタッグを組む彼女を観ることができる作品だ。
 ヴァネッサはほとんど同じ名前のキャラクターを演じる――エステラからステラへ――ブランチの妹だ。
 
 劇中の二人の関係は、少なくとも最初のうちは、純粋な女性である妹と過保護の姉というものだ。ところが現実では、ジリアンがmischievous(いたずら好きな、ちゃめっ気のある、人に害を及ぼす、いたずらな、お茶目な、有害な)だとヴァネッサが語る。
 
「彼女はとってもnaughty(いたずらな、言うことを聞かない、〔品行・行儀が〕悪い、いたずら好きな、やんちゃな)で、本当にsilly(愚か、馬鹿げた、くだらない)なの。彼女の演じるキャラクターのほとんどと正反対ね……playful(いたずら心のある、遊び心のある、ふざけたがる、はしゃぐ)なのよ。"三人姉妹"を見に来てくれて、その後二人でディナーに行った時に彼女がこう言ったの。

「ねえ、Noo(ヴァネッサのニックネーム。ミドルネームのNualaから来ている)、私、本当に舞台がやりたいの」

それで私は「誰と一緒に舞台をすべきか分かります?ベネディクト・アンドリュースですよ。彼にメールして、一緒にランチに行ってください。」って言ったら、ジリアンはその通りにしたの。それで彼女がありがとうって言ってくれて……」

やった!全部僕の手柄だ!

(中略)

 もしかしたら頭の弱いイメージで演技し、少しばかりhot mess(だらしない、情緒不安定、見た目が酷い人、転じて魅力的な人)として登場するかもしれない。
 だが「欲望という名の電車」についての話を聞いていると、良い仕事をすることしか望んでいない高潔な頭脳があるのだと分かる。

「出演してきた舞台のほとんどで、私は危険に晒されている本当にクレイジーな人物を演じてきたわ。ステラの好きな部分は、自分のことをよく分かっている所ね。彼女は人生の中で選んできた選択肢に満足しているの。根本的に、自分の心の思うままに進んできて、その心が彼女に伝えたのは、この人、スタンリー・コワルスキーこそ一緒にいたい人物だって事」

(後略)
Sun 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

「欲望という名の電車」が、9月16日からNational Theatre Liveで上映開始

カテゴリー: 欲望という名の電車



ニュース速報!Young Vicの「欲望という名の電車」が、9月16日から世界中で映画館上映されます!

A Streetcar Named Desire - National Theatre Live
National Theatre Live

20140717-00.jpg


ナショナル・シアター・ライブとは……
「ナショナル・シアター・ライヴ2014」 OFFICIAL SITE(日本サイト)
20140717-01.jpg


一部のTOHOシネマズで見られるようです。


 Young Vicにおいて史上最速の販売を記録した作品、テネシー・ウィリアムズの不朽の名作「欲望という名の電車」が、本拠地ロンドンからナショナル・シアター・ライブにて上映されます。
 
 ブランチ・デュボア役にジリアン・アンダーソン(X-Files、The Fall)、スタンリー役にベン・フォスター(Lone Survivor、 Kill Your Darlings)、ステラ役にヴァネッサ・カーヴィ(BBCの大いなる遺産、Young Vicの舞台Three Sisters )。
 
 ブランチの儚い世界が崩れる時、彼女は妹ステラに慰めを求める。――だが悪循環が、冷酷で容赦の無いスタンリー・コワルスキーと彼女を向かい合わせることになる。
 先見の明を持つディレクター、ベネディクト・アンドリュースが批評家協会賞を受賞したThree Sisterに引き続き、Young Vicにカムバックする。

ジリアンが2009年にやった「人形の家」も上映して( ゚д゚)ホスィ…
Thu 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

「欲望という名の電車」に出演するジリアン・アンダーソンとベン・フォスター:「僕達は激しいセックス劇をやろうとしてるんじゃない…」

カテゴリー: 欲望という名の電車

Gillian Anderson and Ben Foster on A Streetcar Named Desire: 'We're not doing a full-on sex show...'
The Telegraph

By Sarah Crompton
10:01AM BST 12 Jul 2014

 際どく、強烈な新しいYoung Vic制作の「欲望という名の電車」について、ジリアン・アンダーソンとベン・フォスターがサラ・クロンプトンに語った。


20140713-01.jpg

Photo: Laura Braun


 ロンドン南部にあるリハーサル室に入ってきたジリアン・アンダーソンは、子供を学校へ送っていった時、自分の車のドアに頭をぶつけてしまっていた。
 右のこめかみにできた大きなタンコブは、彼女の美貌――あの頬骨と、大きくて人の心をつかんで離さない目――も、鋭い知性も、少しも損ねないが、心配の種ではある。


「また子供に頭突したんだ」と、新しい舞台「欲望という名の電車」で彼女と共演するベン・フォスターがからかう。我々があちこち探しまわって氷嚢を見つける間、優雅な黄色のシフォンドレスに身を包んだアンダーソンは座りながら自身の無能ぶりに笑っていた。


 並んだ二人を見ていると、セクシュアリティ、欲求、狂気を描いたテネシー・ウィリアムズの暗く、大胆な舞台にこれ以上ピッタリな配役は想像できない。
 彼女の洗練された精細さと彼のしっかりとした強烈さは、傷だらけの南部美人ブランチ・デュボアと、興奮しやすい義弟スタンリー・コワルスキーという役柄に入り込む彼らを観るのを容易にする。
 これらの役は、ジェシカ・タンディとマーロン・ブランドによって1947年にブロードウェイで有名になり、その4年後にマーロン・ブランドとヴィヴィアン・リーによって映画化された。

 だが、Young Vicシアターでベネディクト・アンドリュースが監督を務める舞台について二人の俳優が語る見識は、記憶に残すべき舞台にになるかもしれないと希望を抱かせる。
「本当にゾクゾクするんだ。最高のやり方で、かなり恐ろしいものだよ」とフォスターが語る。「隠れる所が無いんだ」

 アンダーソンは何年もブランチを演じたいと願ってきており、また、その願いをあまりにも長くそのままにしすぎていたのではないかと気にしていた。――彼女は来月で46歳になる――ウィリアムズは彼女を、年を取り過ぎていると判断するかもしれない。彼女は舞台に立つ興味があるのはこれしか無いとプロデューサーに伝え、さらに円形の舞台で演じるべきという条件を付した。
 
 
「ニューオーリンズで壁にとまっているハエのように感じる舞台は見たことがなかったし、そういう形の舞台は演じてて面白いだけじゃなくて、私が見てみたかった形の舞台なの」とアンダーソンは話す。
「あの部屋の中に座って、俳優たちと熱く、汗を流してみたかったの。その考えが出てきた後、私の考えを変えるものは何もなかったわ」


 何度も行ったり来たりした後、アンダーソンが始めた舞台はYoung Vicシアターとアンドリューズ(2012年に同劇場でThree Sistersを成功させた)を監督に、フォスターを――アンダーソン曰く――"投げ縄でとらえ"、スタンリー役に据えたことで落ち着いた。
 
 だが円形劇場で演じるという決定は、演劇の持つ残忍性や、スタンリーが彼女をレイプする事がきっかけでブランチが狂気の中に落ちていく暗示が、露わになると言うことを意味する。
「僕たちは激しいセックス劇をやろうというんじゃないんだ」とフォスターが言う。
「だけどsuggestive(挑発的な、際どい、思わせぶりな)であり、暴行を隠そうとはしないよ」
 
 フォスターはとどろくような低音の持ち主で熱く語る。ここ数年、彼はアメリカで最もエキサイティングな若手俳優の一人として評判を確立してきた。「Kill Your Darlings」ではWilliam Burroughsを、「Lone Survivor」ではNavy SEALの一員として映画に出演している。また、Lyle Kesslerによる「Orphans」でAlec Baldwinの相手役としてブロードウェイにも出演した。
 
 
 初期の話し合いで、スタンリーはアフガニスタン紛争から帰還した兵士だと考えている事を、アンドリューズがフォスターに持ちかけた。
「理にかなってたよ。劇の歴史的な鍵にはまり込もうとしていた懸念をゆるめてくれたんだ」と彼が話した。
 
 
 アンダーソンは先の舞台から大きな影響を及ぼす配役を避けており、映画も見ていないし、ケイト・ブランシェット主演のウッディ・アレン監督最新作品である「ブルージャスミン」を観ることすら自身に許していない。
 
ブルージャスミン - Wikipedia
>批評家からは『欲望という名の電車』と比較された[8][9]。

「完全に新たな気持で臨みたかったの」と言う。「演劇を学んだことはないけど、自分がやりたかったのはずっと分かってたわ。何でなのかは本当に分からなかったけど、今は分かる。ブランチにすっかり恋してしまっていて、その準備がまだできていなかったの」

 フォスターにとっては、舞台は部分的に挑戦だった。新しい種類のドラマにテンプレートを設定するからだ。彼はそれを「a powder keg shift in culture(文化を変化させる火薬樽)」と呼ぶ。
 19世紀のメロドラマが労働者階級の暮らしの現実的な表現と、心からの感情に根ざした演技によって決定的に置き換えられた瞬間だ。
「僕達みんな、アメリカの自然主義に影響を受けているんだ。それを完全に無視するのは僕にとって不可能なんだ。主に映画で仕事をしてきた人間としてね」


20140713-02.jpg

1951年制作の「欲望という名の電車」、ヴィヴィアン・リーとマーロン・ブランド(Everett Collection/Rex)


 マーロン・ブランドが演じてきたアクターズ・スタジオの演技手法の遺産が、長年にわたって歪められてきた事を指摘する。
「僕たちは映画を、ただカメラを揺らすことで自然主義を追求し、ドキュメンタリーの偽物の意味を引き起こすために映画をズタズタに切る産業に変えてきたんだ。だけど僕たちは宿題を済ませていない。アクターズスタジオもしくはロシアの劇場が俳優にやった事を後押しするためには、繰り返し練習し、時間を賭け、掘り進み、発掘する。それが僕達のやっていることなんだ」


 映画と舞台の違いは、俳優の二人にとって興味を引くテーマだ。二人はそれぞれテレビの名声を経験し(アンダーソンはX-Filesで、フォスターはシックス・フィート・アンダーで)、スクリーンでのキャリアの大部分を追い求め続けている。アンダーソンは映画の仕事の限界を強く感じている。
「ここ最近、私の経験では、表に出て自分の演技を全て見極めなければならないわ。過去数年私がやってきた全て、自分の手腕を信用して、you get two takes(意味わかりませんでした。)、先に進むの」


ベン・フォスターについての記述、わからない部分が多いので飛ばします。

 フォスターの声は次第に消え、会話はアンダーソンの仕事についてへと切り替わる。彼女はヒットしたBBCのドラマ「The Fall」のセカンドシーズンを撮り終えたばかりだ。愛情深い家族思いの男でもある凶悪な連続殺人鬼(Jamie Dornan)を追う、クールで冷静な警察のチーフ、ステラ・ギブソンとして主演を務めている。

「映画が大好きだから、私はいつもテレビに不満を持つ寸前の所にいるの」と語る。「それから、The Fallみたいな作品がやってくるのよ。素晴らしい贈り物だわ。それで私は黙っちゃう」
 X-Filesでスカリー捜査官を演じた事を感謝する事にも、更に時間がかかった。彼女は「桁外れな組織的運動の一部で、偉大な女性キャラクターの一人を演じる機会に恵まれた」という。
 
 それはおそらく、上記の女性たちを演じてきたせいで、人々がアンダーソン自身をキャラクターと同じくらい氷のように冷たい分析家と考えるからだ。実際は、正反対が真実なのだ。彼女自身は暖かく、機知に富み、よく大笑いする。計算高いとは程遠い。2002年にロンドンへ移り住み、今や5歳と7歳になる息子たちを育ててきたために、映画のキャリアが失速したことを彼女は認めた。
「私はこの街を熱愛しているし、一番下の子はイギリス国民よ。どこか別の場所にいるのは想像できないから、それで仕事をするわ」


 彼女は週に一度劇場へ趣き、フォスターが観るべきものを彼に話して時間を過ごす。彼は――笑いながら――友達のいない男の子だった時のことを彼女に話す。
 アイオワ州のフェアフィールドで、「毎週水曜日、学校から帰ってくるとピザを頼んでX-Filesを見てたんだ。大好きだったんだよ」
 アンダーソンはSF小説をジェフ・ロビンと共同執筆し、サイエンス・フィクションのテーマを持ち続けている。
「私が映画で演じられるキャラクターを創ったの。良いものだといいんだけど」
 この言葉は、動機付けと自己決定の普通ではない過程を明らかにしているのだと私は推測する。
「欲望という名の電車とThe Fallがあれば、私が9月に死んだとしても、「成し遂げたかったことを、私は成し遂げたわ」と感じながら、空から下を見下ろしてる気がするの」

「だけどその一方で、(自分が成し遂げたかったことを)やり始めた気がしないわ」
彼女は一瞬、間をとる。
「主な理由は、私は映画が大好きだからね。表現媒体が好きだし、一緒に仕事をしたことのない監督がたくさんいて、まだしたことのない経験がある」

「私はまず第一に母親として、それから子供たちが成長するある時点で、それまでとは別のやり方で責任を追求できる所に、自分の責任を課してきたわ。多分、私を雇いたいという人が誰もいなくなった時、その理由が……」

 彼女は息を吸い込み、目を見開いて叫んだ。
「私は50歳になるの。主役は本当は33歳なのに12歳の子供を配役しようとするのでなければ、誰も私の小説を制作しようと思わなくなるわ」


「それは変化しつつあるよ」
 と48歳の女優ロビン・ライトと婚約したフォスターは言う。ロビン・ライトは最近、Netflixで放送されている「House of Cards」での演技でゴールデングローブ賞を受賞している。
「若さへの崇拝は常に存在している。だけど我々がどうエンターテイメントを受け取るかという観点から、「Wild West」みたいなものだよ。,もし君がコンテンツを有しているなら、人々に届けられる。年齢も場所も関係ない。知的なコンテンツへの欲求があるんだ。だから励みになるよ」

 彼は自分自身の熱意に笑う。
「僕は楽観主義であるべきなんだ。もしかしたらアメリカ人らしすぎるかもしれないけどね。だけど僕はアメリカ人だから」

 欲望という名の電車は、7月23日からロンドンのYoung Vicシアターで始まる。
Sun 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ロンドン・インディアン・フィルム・フェスティバルで、セクシーなブラックドレスに身を包み、惜しみなくポーズを取るジリアン・アンダーソン

カテゴリー: GA

Gillian Anderson poses up a storm in sexy black
dress at London Indian Film Festival

Express

By: Kirsty McCormack
Published: Thu, July 10, 2014


なんかこの記事、言葉の端々に微妙な毒を感じる気がするので、写真だけにしております。

20140711-01.jpg


20140711-02.jpg


20140711-03.jpg


20140711-04.jpg
Fri 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

史上最も恐ろしいエミー賞受賞者Top10:ジリアン・アンダーソン、ジェシカ・ラング…

カテゴリー: メディア

Top 10 Scariest Emmy Wins of All Time: Gillian Anderson, Jessica Lange ...
GoldDerby

By Marcus James Dixon
Jul 06 2014 04:22 am

本日(7月10日)、2014年エミー賞のノミネートが発表された繋がりで。
ジリアン、DDともにノミネーションはありませんでした。残念。
 「Breaking Bad」がドラマ部門とキャスティング部門等複数でノミネート、また脚本賞にMoira Walley-BeckettとVince Gilligan、また監督賞にVince Gilliganがノミネートされてます。



20140710-01.jpg


 SF、ホラー、ファンタジーの観点を持つテレビ作品が、エミー賞で苦しい戦いに直面しているのはよく知られています。実際、そのようなジャルのドラマがベストドラマシリーズ賞を獲得したのは、2005年の「ロスト」だけなですから。
 
 良いニュースですか?ここ数十年間、きちんと管理されたエミー賞の投票者達は、徐々に、作品それ自体から役者達へと良い友だちになり始めています。投票者達はかつてのような弱虫ではないのかもしれません。

 ジリアン・アンダーソン(X-Files)、Michael Emerson(ロスト)、Jessica Lange(アメリカン・ホラー・ストーリー)らは過去20年間で、ごくわずかのspookyな例ですが、更にもっといるのです。
 以下は、Gold Derbyの選ぶ史上最も恐ろしいエミー賞受賞者Top 10リストです。10位から始まって、テレビの歴史で一番ぞっとした演技受賞者で締めくくっています。


10. Peter Dinklage, 'Game of Thrones' (2011)

9. Patricia Arquette, 'Medium' (2005)

20140710-03.jpg

8. Peter Boyle, 'The X-Files' (1996)

 ジリアン・アンダーソンが自身のX-Filesでトロフィーを獲得する前年(これについては後述)、Peter Boyleはシーズン3「休息」でタイトルロールを演じ、我々を魅了した。手短に説明すると、ボイルは人の死を予見する能力を有する生命保険のセールスマンを演じている。そのような呪いとともに生きることができず、ボイルは話の最後に自殺する。エミー賞投票者達は、「HEY!レイモンド」(ボイルは唯一、メインキャストの中で一度も受賞していない)でのボイルは愛していなかったかもしれないが、このダークで喜劇的なX-Filesのエピソードでの彼の演技にうっとりとしたのだ。このエピソードはまた、ダリン・モーガンがベストドラマ脚本賞でエミー賞を受賞している。


7. John Lithgow, 'Dexter' (2010)

6. Jessica Lange, 'American Horror Story' (2012)

5. Terry O'Quinn, 'Lost' (2007)

4. James Cromwell, 'American Horror Story: Asylum' (2013)

20140710-02.jpg

3. Gillian Anderson, 'The X-Files' (1997)

 1997年にジリアン・アンダーソンがエミー賞主演女優賞を獲得した、そのジャンルで一番最初の俳優となった時、SF・ホラー作品のファンは、特別なもてなしを与えられた。
 
 アンダーソン演じるキャラクター、ダナ・スカリー捜査官がガンに侵されてしまう素晴らしいシーズン4のおかげで、彼女はスカリーのソフトで、よりエモーショナルな側面を示すことができ、エミー賞投票者たちをうならせた。
 スカリーとモルダー(デヴィッド・ドゥカヴニー)がいつも直面していた、ミュータントや異星人、悪魔といったストーリーからの良い気分転換だった。
 
 アンダーソンの受賞は、未来の(SF、ホラー、ファンタジーの)ジャンル俳優・女優たちが、テレビのアカデミー賞(=エミー賞)から真面目に受け止められる道を切り開く助けとなったのだ。

2. Michael Emerson, 'Lost' (2009)

1. Michael Emerson, 'The Practice' (2001)
Thu 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

「欲望という名の電車」、公演拡大+当日抽選座席を設けました

カテゴリー: 欲望という名の電車

A Streetcar Named Desire extends + day seat lottery
Young Vic
osted on July 8, 2014 by stacycoyne

20140708.gif

ジリアン・アンダーソン、ベン・フォスター、ヴァネッサ・カーヴィー
(撮影:Johan Persson)

 「欲望という名の電車」の公演が9月19日まで拡大される事を喜んでお知らせいたします!
 

 柔軟な観客席のおかげで、各公演の座席を更に多く追加しました。すなわち、1000枚のチケットを7月16日(水)から販売いたします!
 
 出来る限りに多くの方に観劇の機会を作るため、初の試みとなる当日の抽選席もご用意いたしました。
 各公演日の午後5時にYoung Vicへお越し頂きますと、我々が皆様のお名前をお聞きします。午後5時30分に名前のくじを引きますので、当選チケットは20ポンドとなります。26歳以下の方は10ポンドに割引されます。
 いくつかの注意事項があります。

・くじに当選された方は、一人につきチケット2枚までの上限があります。
・昼公演がある日は、午後1時にお越しください。午後1時30分に抽選いたします。抽選は昼の部のみとなります。
・もし抽選に漏れても、キャンセル待ちにお並びいただけます。

 よくある要求のため、当日席とキャンセルチケットは直接のみの取引となります。
 
 初回販売時、我々はウェブサイトとチケット売り場に安全対策を講じたにも関わらず、チケットを求める方が殺到したため(Young Vicの記録に残りました!)、多くの方々が予約困難でした。
 今回は更にサービスの改善を図り、来週水曜日にはウェブサイトの追加サポートと、コールセンターに2倍の人員を配置いたします。
 
 しかしながら、通常よりも予約に時間がかかってしまうものと予測しております。皆様の忍耐強さを賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
 
 劇場でお会いできることを楽しみにしております!
Tue 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ホットな見通し:サンデー・タイムズ

カテゴリー: GA

A hot prospect
Louis Wise Published: 6 July 2014
The Sunday Times


 彼女はこの秋、ブランチ・デュボアを演じる最大の呼び物になり、そしてThe Fallのセカンドシーズンにあのセクシーなブラウスで戻ってくる。ジリアン・アンダーソンを冷淡だと言っているのは誰?
 
20140706-01.jpg

 ジリアン・アンダーソン:多くの栄光と官能的な戦慄の、強力な組み合わせ(写真:Pal Hansen)

 
 
 多くの男性が、そして何人かの女性もまた、私とジリアン・アンダーソンとのお喋りの大半が、"性的なエネルギー(sexual energies)"について掘り進めた事に費やされたと聞いたら喜ぶでしょう。
 
 アンダーソン――偉大な女優、成功を収めたスター、そして極めて重要な、雑誌FHMが選んだ1996年の世界で最もセクシーな女性――は社会に対する、ある影響力を持っている。
 多くの栄光と官能的な戦慄の強力な組み合わせであり、彼女はあらゆる点で成熟したproposition(示された提案、述べられた意見、課題、性的な誘い)だ。
 

人身売買等の真面目な話や、The Fallについての内容の記事ですが、「欲望という名の電車」の部分だけ訳します

 我々が5月の午前中に、45歳にして舞台に復帰することについて語り合うため、彼女と落ち合った。
 今月、彼女はテネシー・ウィリアムズ「欲望という名の電車」のブランチ・デュボアを演じる。maveric(型破りの、無所属の、異端的な)なオーストラリア人監督・Benedict Andrewsとのコラボレーションだ。
 今年、もっとも待ち望まれていた舞台なのはほぼ間違いない。人々は時に"女性ハムレット"――幸運な女優と言ってもよい――が実際に存在しないという事実に不満を抱く。
 だが、内外からの力に徐々に圧倒されていくウィリアムズの万華鏡のようなヒロインは挑戦であり、基準となる役柄でもある。
 
「彼女(ブランチ・デュボア)はvixen(雌ギツネ、意地の悪い女)よ」とアンダーソンは語る。
「彼女はthe other woman(愛人、浮気相手)ではないわ――彼女が浮気相手である場合以外にね。それに売春婦ではない――だけど売春婦だわ。彼女は頭のおかしい女ではない――だけど頭のおかしい女。彼女は全てを内に宿しているような人間なの。母親は当てはまらないけど――彼女が妹の母親になる以外は」

原作を読むと、複数の相手と一夜限りの関係を持ち続けてきて、妹ステラに対しては母親として接するブランチが描写されています。恋人、浮気相手、売春婦、情緒不安定な女、母親、それらの役目を全て(自分の意志とは別に)背負っている、とジリアンは言いたいのだと思います。

 ブランチを、だらしない南部のヒステリックな女性として片付けてしまう人は危険を覚悟しよう。
「ブランチは私が思っていた以上の人間だわ」

 全てはこれからだが、今ここで彼女は、小柄で繊細でどこからどう見ても美しく、小柄で繊細なスーツケースとともに、根気よくソファに座り、トーストを欲している。The Fallシーズン2の撮影地である北アイルランドから飛行機で飛んできたばかりであり、5歳と7歳の息子と過ごす長い週末を手に入れたのだ。

(中略)


すみません、訳すの難しいのでかいつまんでピックアップしていきます

・The Fallのステラについて
「彼女は、演じていて様々な楽しさがあるわ。複雑なの」

・The Fallのウフンアハンなシーンも苦にならなかった。娘のパイパーに注意するのを忘れた時以外は。彼女が友達と一緒に見てしまって、
「あの娘、"Muuuummmm!"(母ちゃーーーーん!)」って感じだった」

・アメリカとイギリスを行き来してきた人生について。2002年にアメリカを離れてロンドンへ移ったが、子供時代から11歳になるまでロンドンには住んでいた。なので両方のアクセントを持っている。

・作品の監督たちはジリアンの性格を冷酷で、セクシーで、傷つきやすく、妥協などせず、高慢で、だが人道的であってほしいと思うだろう。しかし彼女は甲高い、ウキウキするような笑い声をあげる。

「人々のボス役をやってきたのよね」と溜息をつくジリアン。

・記者がこれまで読んできたインタビューから導いたジリアンに対する印象は、ありていに言ってしまえば、ちょっとa chilly bitch(冷淡な嫌な女)。だが実際のジリアンは温和で、よく笑い、おもいやりがって、質問にもオープン。

・何でジリアンを性格に判断するのが難しいかというと、時に驚くほど単刀直入なのだが、かと思えば、のらりくらりとし、言葉を濁して、脱線し、物思いに耽る。

・ジリアンが言うには"terrible"な思い出があり、それがちょっとは役に立つこともあるかもしれない。

・子供がいて、進行中の仕事も複数あり、うまくいっているようだ。

・とにかく、彼女は無作法なんかではない。

・ジリアンは昔々、哲学を学んだことがあった。「The Power of Now(邦題:さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる)」を出版したエックハルト・トールの瞑想クラスに行っていた。ここ数日はその時間が取れないが、探求はまだ終わっていない。

「私が言いたいのは、今、今日、それか多分過去10年間、私は常に未来に生きてきたの。それか、そうしようと努めてるわ。絶えず続く戦いよ」

・これら全てのことが、どういうわけか、ブランチ・デュボアに繋がった。優れた女優にとってはブランチ・デュボアは必須だ。だがアンダーソンには驚きに近いものだ。ほとんどの場合、彼女は管理能力といったものを行使する役をオファーされる。

・だがアンダーソンは、ミシガンの高校に通っていた時からブランチ・デュボアを演じたかった。そして、さら言えば、これはまさしく彼女が立ち上げたプロジェクトなのだ。

「私の舞台は3年か4年毎にしてきているの。その4年目になろうとしていたわ。」

・最後に舞台を上演したのは、2009年のDonmar劇場で「人形の家」だった。

「プロデューサーに言ったの。"ねえ、「欲望という名の電車」の話をしないんだったら、何も話したくないわ"って。」

「私が次にやりたいのは「この欲望という名の電車」だけなの。もしするとしたら、ぜったいこれよ。そうでなければ、そのうちに4年経ってしまって、私は50歳とかになるのよ」
 間。ショック。沈黙。ジリアン・アンダーソンが50歳?「God!」
 
・彼女はそれに笑い、意味を飲み込み、ソファの片一方に倒れた。「ワオ。ええ。そうなの」

・監督のBenedict Andrewsに連絡をとったのはジリアン自身だった。彼を選んだのは賢明な判断だが、安全ではない。

「プロセニアムアーチ型の劇場で「欲望という名の電車」を上演する考えは、まったく私の興味をそそらないわ。そういう環境でするよりも、むしろしない方がいいわ。頑固なの。解ってるんだけど、ずーっと長い間やりたかっとことだったから」

・アンドリューズとのリハーサルがどのように進むのか、私は好奇心をそそられた。彼は一筋縄ではいかないからだ。なので一ヶ月後、私はYoung Vicシアターにいる彼女に電話をかけた。
 アンダーソンは携帯電話に出ながら、全ての瞬間が大好きで、アンドリューズは素晴らしいと語る。
 ブランチの(過去に関する?)ストーリーは、従来にもましてサイドストーリー以上のものだと言う。――ただのフェミニスト問題ではないのだと。アンダーソンは説明する。
 
「これは、そう、マス・マーケット(全ての消費者を対象にした市場)であり、大量消費主義なのよ。テレビネットワーク局、ノイズ、人口――社会として、全て もろい人間や人類に衝撃を与えられるわ。心に、詩人に」

・最後に、下劣にも私はアンダーソンが50歳に届こうとしている事を思い出させてみた。心構えはできているだろうか?

「声に出した時に、ショックを受けたわ」と言う。「突然、真実になっちゃったわ。そんな空気はあったんだけど」

・だが、彼女はくよくよしているのではない。

「私が49歳と4分の3になった時に話しかけて。私が用心しているのは、明らかに、"変化(the change)"だけなの――。私の心理学に役立つであろうこと。だけど、女性にとって良くなっていくって聞いてるから」

・なぜ心配するのだろう?Changeは、彼女が起こす最高のものなのに。
Mon 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソン:私のX-Filesの衣装はひどかった

カテゴリー: GA

Gillian Anderson: My X-Files costumes were awful
03 July 2014
BelfastTelegraph.co.uk


20140705.jpeg

 X-Filesの撮影中、カメラの外ではわざわざ髪の毛を整えなかったほど、ジリアン・アンダーソンはひどく疲れ果てていた。
 
 45歳の女優は説明不可能な現象を捜査するFBIのメンバー2名を題材にした、spookyなアメリカのテレビドラマの中でダナ・スカリー捜査官を9年間演じた。
 このシリーズはファンの多いカルトな古典作品だ。ジリアンはそれを誇りに思っているものの、似合わない90年代のpower suitsを着ることに自分が同意したのが未だに信じられないという。
 
 power suits=(高価な生地を使い角張ったデザインをしたスーツで、着用者の権力やビジネス上の成功を象徴するもの。)

「おかしな事に、ダサすぎるパステルカラーのライクラでできた衣装を着ると、言うつもりはなかったのに『うわ~ちょっと待って!』って(言っちゃってたの)。髪型でもそうだった」と、雑誌Glamourイギリス版にそう言って笑った。
「赤毛で、特定のヘアスタイルにさせられていたの。撮影から離れると、みんなは私が服装や髪の毛を何とかしたかもしれないと思うでしょうけど……それでも私は何もしなかったわ。疲れすぎちゃっていたから。だから9年間、自分にあてる時間も、自分自身がどう見られるか注意も向けることなく、私は仕事に出かけて、別人になっていたの。常に変動してた私の体重にもとづいて決められていた、あのひどい服装の画像を見返すと信じられないわ。」

 つい最近、彼女はThe Fallのステラ・ギブソン警部としてstellar(星のような、輝かしい、非常に素晴らしい)な演技を見せた。その役を誇りに思い、そして多くの人々がステラの服装に興味津々らしいことに笑わずにはいられない。
 シルクブラウスは彼女の必需品だ――ジリアンが自分の日々の生活では着ることなど想像だにしない一着だ。
 
「変なのが、私がシルクブラウスを着ても、ステラが着る時と全く違うの」と彼女は驚く。
「彼女の動作・振る舞い方にかかっているからに違いないわね。だって私がセットした髪型で(シルクブラウスを着たとして)も、再現することはできないの」
Sat 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソン:クリステン・スチュワートはまるで私みたい

カテゴリー: GA

Gillian Anderson: K-Stew is just like me
added: 2 Jul 2014 // by: Film-News.co.uk Newsdesk
Film-News.co.uk


20140704.jpg


 クリステン・スチュワートと彼女自身の間には多くの類似点があると考えている。
 
 45歳の女優は、「トワイライト」作品のスターの目の中に、アンダーソン自身がデビューした頃と同じ輝きがあると気がついていた。
 
 ジリアンは1990年代始めにヒットを飛ばしたSF作品のX-Filesで、共演者のデヴィッド・ドゥカヴニー演じるモルダー捜査官の相手役として、ダナ・スカリー捜査官として名声を掴んだ。

 尽きることのない美貌で知られているが、カメラの前では歯を見せて笑うよりも、ふくれっ面をする方がいまだに好きだと言う。
 
「何がおかしいか分かる?時々X-Files初期に撮った自分の写真を見ると、全てに対する私の態度ってKristen Stewartにすごくソックリなの」と、雑誌Glamourイギリス版にそう打ち明ける。

「私の目の中にも、とても似ているモノがあるの。ちょっとだけdefiant(反抗的な、挑戦的な、大胆な、傲慢な、開き直った、素直でない)で、ちょっとだけbored(退屈した、時間を持て余した、飽き飽きした、うんざりした)で。笑顔になりたくない時でも、私が学んだのは、"笑え!笑うの!"って事。"ねえ、本当の自分自身でいて大丈夫よ"って、当時誰かが言ってくれてたら、と本当に思うわ」

X-Filesは1993年にテレビで大ヒットし、それからあっという間に10年の間で最も有名なドラマの一つになった。主役二人が雑誌ローリング・ストーンズの表紙を飾ったり、シンプソンズのゲストとして登場するなどの栄誉とともに、ドラマはポップ・カルチャーの一翼となる道を開いたのだ。

 ジリアンは現在、テレビ作品に参加するのと同じくらい映画にも時間を費やしている所で、いつの日か恋愛対象としてカナダ人俳優が配役される希望の中に生きている。
 
「私、Ryan Goslingには健全な鑑識眼を持ってるのよ」と笑う。「何なのか分かんないけどね。彼に会ったこともないけど、彼が部屋に入ってきた瞬間から、誰もが何にも集中できなくなっちゃうっていうのを、最近何かで読んだのよね。そんな影響力を持つ男性もいると思うわ。Bradley Cooperにもそれがあるし、現代で最も桁外れな俳優の一人、Tom Hardyもそうよね。」

笑顔も可愛いしふくれっ面も可愛いんだから、全方向でwin-winよ
Fri 2014 | trackback(0) | コメント(-)
tweetツイートする

ジリアン・アンダーソンの小説 処女作が試し読みできる(*´ω`*)

カテゴリー: GA

Preview of Gillian's First Novel
Posted at 5:25 PM (PDT) on Tuesday, July 1, 2014




Simon451 Fall 2014 Preview Sampler | Book by Gillian Anderson, Jeff Rovin, Trey Dowell, Ethan Reid, Nicholas Sansbury Smith, Bavo Dhooge - Browse Inside

 

それは説明の付かないほど暖かい10月の朝だった。早歩きよりも、のんびりとした散歩に向いている。だがGanak Pawarと彼の娘は、いつもの早いペースのまま、マンハッタンのイーストサイドを歩いていた。

Wed 2014 | trackback(0) | コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。